心とお金のブログ

発達障害の方と上手に関わる

投稿日:

 

 相手の言動にイライラしたり腹が立ったりするのは自分の価値観で相手の言動を判断しているからです。

 

 特に、相手が発達障害がある人で自分がそうでない場合などは、相手の言動に振り回されているような気がして嫌な気持ちになることがあります。

 

 相手の言動をそのまま受け入れて、相手のことを理解しようとすることで、お互いにストレスなくコミュニケーションがとれるようになります。

 

 相手の言動の意味が解らない時は、自分の価値観で勝手に解釈するのではなく、なぜそうなのかを相手に聞いてみると、相手のことを理解できるようになります。

 

 かじさんの著書では発達障害がある方との関わり方についてわかりやすく説明されています。

 発達障害をよく知らない人にとっては、そのイメージが変わるでしょう。

 

  発達障害がある方と関わる人はもちろん、そうでない場合も、よりよい人間関係を築くのに役立ちます。

 

心が自由になるメール 




 

 

 

 

 

 

 

-心とお金のブログ

Copyright© 真鍋良得オフィシャルサイト , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.